音楽での分岐点・前編

本日のイントロダクション
うぉぉぉ、寒いですね!こんばんは。るなです。


今日は珍しく、自分の大好きだった通ってきた道である音楽たち
についてまとめてみようかと思います。
極力簡潔にまとめられるようにがんばりますが、
無駄な努力に終わったらすみません(笑)


これほど短くない期間、音楽に関わっていると、
幾つも何かしらの分岐的、というものが
存在していたと思うので、それを古くから遡ると…


転調大好きのはじまり
幼稚園〜小学校低学年の時に耳にした
ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」で
転調大好きなヒトの土台の出来上がり。
なーんであんなに美しくシームレスに転調できるんだろう、
と思います。
幼心に耳にして「なんだ!?今のかっこいい流れは!?これ好き!」
って、思った記憶が鮮明にあるんですよね。


謎の美しいピアノ曲
4歳から小学校2年まで同じ先生に習っていたのですが、
(先生がめでたくご懐妊〜ご出産で勇退された為に短い期間になってます)
先生が、レッスンの合間にピアノで弾いていた曲が美しすぎて、
この曲なんだろう、なんだろう、と思いつつ時は流れ。


その曲の正体がわかったのは中学校入学時でした。
ドビュッシーのアラベスクだったんですねー。
今だったらShazmで1発判明でしょうけれども、
逆になんだろう、なんだろう、って何年も謎に包まれていたからこそ、
あとでドビュッシー熱が爆発したってのもあるかもなぁ…。
(前奏曲集と版画はよだれなしには聴けない)
スマホやPCの無い時代だからこそのロマンっつーことで。


夢中になった音楽図鑑
更に大きな分岐点は、
坂本教授の「音楽図鑑」に出会ってしまったところだと自負しています。
先述の転調はもちろん、ミニマルな部分もあるアルバムで、
純粋にかっこいいー!と夢中になれた音楽です。


ブリティッシュポップスとの出会い
あ、書き忘れていた。
順番としてその前に、兄からの影響で
ブリティッシュポップスを散々聴かせられておりまして、
'80s Pops大好物に。


土曜日の午後14時からマリーンさんMCの
ラジオ番組があってですね…(古い話だ…)
それをカセットテープに録音するために学校から
(まだ週休2日制じゃなかったんだぞ〜)
早々と帰ってきていた、一般的に見てやや異常な小学生だったでしょうね。


当然、周りのおともだちと話なんか合うわけがない。
もう少し大人になってから読んだ
玖保キリコさん作「シニカルヒステリーアワー」の
「キリコちゃん」が自分に思える程似ていて、
感動した覚えがあります。
私はキリコちゃん程、達観できている子供ではなかったけれど、
単純に、洋楽大好きでその世界にハマりこんでる、といった意味で。


話が横にそれますが、確かに私は一般的な子供の図には
当てはまらない子だったように思えます。
だから、小学校時代はちっとも懐かしくも思えないですし、
正直言って学校生活が楽しくなかったんですもの。
無理して周りに話題を合わせて、作り笑いで乗り切る毎日。
そこまで頑張っても「変な子」呼ばわりされて。


こちらからすりゃ私を「変だ」って言うひとは
全員、他の惑星から来たんでしょ、って今では思えるくらいには
メンタルが頑健になりましたが。


話を元に戻しますが、
その、夢中になった'80s Popsの中でも
私にとって一番夢中になれたのが
Duran Duranでした(これは何回も公言していますが)。
いわゆる自分の中でのアイドルでしたねー。


この話も再三に渡り書いてますけれども、
NickのようなStringsが弾きたくて、
やたら鍵盤から指を離さないようにレガートに
弾く練習をしたりとか、ちょっと行き過ぎなレベルのファンでした。
(相棒・栗原務は来日公演に行った事があるそうで、
それだけでも羨ましいと思っています)


ここまででだいぶ話が長くなってきたので、
後編を後日書かせていただきます。


🌈ここまででの参考文献🌈
⭐️わたくしめのロングインタビューです↓
(島田奈央子さんによるインタビュー)


⭐️Lu7でも「そりすべり」を取り上げています↓


🎹Luna Live Information🎹
2021.4.17 sat  at 高円寺 High
🌈LIVE2021-春-
BETTA FLASH vs KEISHI YONAO with Artemis City Band

出演:
●KEISHI YONAO with Artemis City Band
ヨナオケイシ(Key)
梅垣ルナ(Key)
松原まり(Vn)
ヌビア(Vc)
和田新平(Gt)
宮本"ブータン"知聡(Dr)
美蘭(Bs)

●BETTA FLASH
TAMAYO(Key)
Cyua(Vo)


チケット購入サイト:Peatix 
会場¥4,000-(1drink別途¥600-)
配信¥2,000-

詳細&チケットご購入はこちらで
Peatix 60名様限定!!

配信チケットご購入はこちらで

-----------------------------

2021.4.25 Sun at 吉祥寺 SILVER ELEPHANT
🌈- PROGRESSIVE JAM "King Crimson Night Vol.2" -

永井敏己(B)・梅垣ルナ(Key)・國田大輔(G)・大菊勉(Dr)

Open 16:30 / Start 17:00
前売¥4.500- / 当日¥5.000- (ドリンク別・¥ 500~)

〒180-0004 武蔵野市吉祥寺本町2-10-6-B1
MAIL : silverelephant@dream.com

<ご入場チケット>
■要予約
※前売先着30名様限定
 開場 16:30 / 開演 17:00
 前¥4,500-(別途1ドリンク+¥500)
 当¥5,000-(別途1ドリンク+¥500)

■ご予約方法
※ご予約開始日21:00以降は、メールのみの
受付とさせていただきます。ご了承ください。

 メール予約される方は下記の内容を必ずお書き下さい。
 1、予約されるイベント日程
 2、お客様全員分のお名前
 3、予約枚数
 4、お客様の電話番号

・ご予約枚数はお一人さま2枚までと制限を設けさせていただき、
 ご予約の際に予約者全員分のお名前とお電話番号を伺います。
 ご協力よろしくお願い致します。
・ご予約時にご予約整理番号をお伝えいたしまして、
 当日はご予約整理番号順のご入場となります。
・定員に達した場合、キャンセル待ちとして受付させて頂く場合がございます。

※ツイキャス有料配信 (¥4000)も同時開催いたします。


↑こちらよりチケットご購入可能です!
生配信のみです。録画の配信予定はございません。

-----------------------------

2021.6 .6 sun at 目黒 Blues Alley Japan
🌈梅垣ルナ"つきのおと"発売記念ライブ

梅垣ルナ(Key)・大髙清美(Org)・筒井香織(Cl)
徳島由莉(Vn)・岡田治郎(Bs)・川口千里(Dr)

Open 17:00 / Start 18:00
前売券 テーブル席(指定)\5,000
    Plate Set(1Plate・1Drink付/MC・SC込)\9,000
    Dinner Set(Mini Dinner・1Drink付/MC・SC込)\12,000
当日券は各料金\550UP (各税込)

ご予約ページ:

プログレッシヴ・フュージョンユニットLu7の
キーボーディスト・梅垣ルナが
ソロアルバム「つきのおと」を引っ提げてBAJに帰還! 
スペシャルなメンバー達と、特別な一夜を奏でます。

配信ご視聴ご予約:
Streaming+は外部サイトです。BAJでのチケット取扱いはございません。

東京都目黒区目黒1-3-14 目黒ホリックホテルB1F