RecordingReport:風花2ndAlbum!








こんにちは/おはようございます/こんばんは、るなです。





昨日は夫婦ユニット「風花」さんのレコーディングに

参加させていただいてきました。





風花は、ボーカル&ピアノの羽衣さんと

ベースの旦那様とのデュオで、

優しく、力強く、心がきれいになるような、

そんなすてきな楽曲を演奏されているユニットです。





さて、スタジオは、最寄り駅からさほど遠くないと思われ、

お散歩がてらーと、てくてく歩けど歩けどたどり着かず。

道に迷ったかなぁと思いつつ、iPhoneのマップでナビしていたのですが、





「この先40mを右です!!」





と、携帯から流れるアナウンスが、

えらい音量で住宅街にこだましてるんだけど!!

いつもと同じ音量なのに、なぜーーーーー、というぐらい、

とても静かな静かな街の中にあるスタジオでした。

��伝わるかなこの表現で)





細かいレポートはSNSで記載してしまったので、

他、書き忘れていたことと、掲載許可をいただいた写真のご紹介を

させていただきます。





で、スタジオ着いたの図









私は2曲の演奏に参加しております。

��つは初めましてのドラマー・日高さんと風花のお二人との演奏でした。

それと、SynthProgramming & Arrangementということでもう2曲。





雰囲気をお伝えするのに語彙が少なすぎてお恥ずかしいですが、

でも、すてき、こういうの好きだなぁっていう言葉、

単純かもしれないけけれど、一番思いを伝えられる言葉だと思うんです。









日高さんは先だって行われた「町田ジャズフェスティバル2018」で

ニアミスしていたようです。

バンド名を伺って、あー!なるほど、と!!











羽衣さん、とてもフレンドリーでキュートな方でした。

今までやりとりしていた楽曲のイメージとモロかぶりで、

初対面感ゼロ!

ああ、もっとお話したかった。絶対盛り上がると思うんだ(笑)





アルバムの方は、どの曲も「風花」スタイル・「風花」ワールド!

こころがあったかくなるようなジェントリーな楽曲ばかりで、

参加させていただけたことが本当に嬉しいのです。

リリースは冬予定だそうで、すでに待ちきれません





もちろんリリースの際には、こちらでもお知らせいたしますので、

たくさんの方に風花ワールドにふれていただきたいです。







羽衣さん所持のRoland RD-300を弾かせていただきました。

ぉぉぅ、鍵盤は結構しっかり目な感じですね。

Kromeに慣れて久しかったので、また腕を鍛えねば、と

タッチに気を使いつつの演奏。

音色は、昨日さわった感じでは、全体的にきらびやかで硬質な印象。





そう考えると、ウチのもちおもkromeも、鍵盤のタッチはかなり柔らかいんだな。

いかん、ピアノが弾けなくなってまう…鍛錬鍛錬。





冬リリース予定といえば、Lu7もでした(便乗宣伝)

こちらもあわせて残りの準備を気合い入れて進めます!

風花さんに続けーーーーー。









風花さん、お世話になりました。今日のRecも風花の音世界をどどんと広げてください!

すてきな1日をありがとうございました