Lu7ふりかえりday(ぐだぐだ長文)







こんにちは。るなです。





やらねばを色々片付けてはいるのですが、

そろそろ文章も書きたくなってきたので、

息抜きに更新。





で、いざ近況報告をしようと思っても、

��)PC不調につき、バウンスでエラーでまくり とか

��)次に着手する作業のうんたら とか





なんだかどんよりした話題しか出せないので、

ちょっと視点を変えてみようかなと。





Lu7ふりかえりday





1stアルバム「efflorescence」。

栗相棒と共に音楽制作した時の記念すべき初作が、

アルバム1曲目の「12th Tree」だったりしたのでした。

栗スタジオで私がこさえてきたファイルに、

Loopを乗せてもらったら、ものすごく楽しくて。

そのスタート地点を思い出したので、

今日は「原点に還れ」という

啓示を天から受けているのだと思う事にしよう





2ndアルバム「L'esprit de l'exil」。

この頃は、ひたすらファミレスで夜中に二人で

あーでもないこーでもない、と音楽議論を繰り広げていたなー。

ファミレスの紙ナプキンにアイディアをがしがし書いていって。

この時代のアツさは年齢を経ても、

多分、我ら二人とも忘れてない、というか、

なんも変わってないつもりです





3rdアルバム「Bonito」。

これは、妊婦だった頃〜産後だっけな、多分。

それまで割と、曲名をきっちり自分で最後までつけたい、

というようなこだわりが強かったのですが、

「Bonito」収録の「Interlude#3 (Fairy in the Dark)」は

実は、栗相棒による命名だったりします。





「妖精が暗闇でひらひら〜」とか

この頃から、栗ポエムが炸裂するようになったかと記憶しておりますが、

「おっ、それいいかも!」というポエムがしばしば出てくるので、

そのまま曲名にいただいたりとか。





「Nut Kicking Squirrel」は

音楽ライター/翻訳家の宮坂聖一氏命名だったりで、

周囲のみなさんのタイトルアイディアを

柔軟に取り入れるようになった時期ですね。

もちろんどの曲名もとても気に入っております。





4thアルバム「Azurite Dance」。

かつらかぶって写真撮れば?って言われた、以上。

で、終わると全然楽しくないので、もうちょっと思い出してみます。

そうだそうだ、作業的には最後に作った曲を

栗相棒がえらい気に入ってくれて、

「もうこれ、1曲目に入れちゃおうよ。アルバムタイトルもそれにしてさー」

という事があったんだった。

それで急遽、曲順もあちゃこちゃ入れ替えて。

という曲が「Azurite Dance」ですね。





んで。現在!!5thアルバムリリースに向け、進めているところですね。

なんでしょう、

「こういう事があったから、この音ができた」

「この時代を過ごしたから、この曲ができた」っていう、

公私ともに全て、必然であった事のかたまりでLu7の音ができている、

と常々思っております。





もちろん、どなたもそうではないかと思うのですが、

決してムダな事は何もなくて、よいことも悲しいことも、

全て自分の糧になると信じているので、

��悲しい真っ最中は文句も言いたくもなりますが)

それらを、今こーいう感じだよーって、音で表現する事ができていたらな、

と思いつつ、いつも目指しているところです。





5thアルバム。今からおススメしちゃいます。

��0/6のPROG FLIGHT@HANEDA2018で、数曲、初お披露目します!

お楽しみにしてくださいませ。





さて、だいぶ気持ちのお掃除ができました。

〆のご報告ですが、台湾の書店さん(誠品書店、というチェーン店だそうです)

がブックフェアを行っているようで、

「るな本part2」(あちらではPRO作曲なんとかーーーっていうタイトル)を

どどんと地下街ディスプレイされている写真、を

先ほどリットーミュージックの編集様からお送りいただきました。









えっと、これは急いで仕事しろというプレッシャー期待値の現れ、

と受け取らせていただきます(笑)





羽田へGO!までもあとわずか、引き続きニュースなども

お知らせしてまいりますね。ちゃお。