町田クリスマスJazzLive!2018ご来場多謝!レポです







こんにちは。るなです。





昨日はなかなかの悪天候の中、

わざわざ足を運んでいただいたみなさん、

足を止めて演奏を聞いていただいていたみなさん、

本当に有難うございました。





以前からちらちら書いておりましたが、

Duoで屋外で演奏するというのは、

我々にとってもものすごく久しぶりの事で、

これはきっとその頃の気持ちを忘れずに、

弾く事を楽しんでいきなさい、という啓示を受ける

きっかけの日だったのだなぁと思います。





MCでもお話しましたが、

天気予報を見て「晴れの町田の土曜日に!」と用意してきた

楽しげな曲が、雨でなんだか不似合いになってしまいましたが(笑)







(上の写真と間違え探し状態ですが)



今日も写真はお客様や関係者の方々から

送っていただいたものを掲載させていただいております。

いつもありがとうございます!





というわけで、セットリストです!



1:Snowy Night

��:Kesaran Patharan

��:Chocolate Sundae

��:浮遊都市

��:夢の箱の数え方

��:Ripple (mizu no wa)

��:Far Beyond the Andes






「Snowy Night」はDuoライブでは初!!

今回はクリスマス仕様なイントロをつけてみました。

そして、ラストのA△7フェルマータには

ジングルベルのメロディをちろっと入れてみたり。

こういうアプローチは普段のライブでは

なかなかやれる機会がないので、

個人的にニヨニヨしながら楽しく弾かせていただきました。





「Kesaran Patharan」「浮遊都市」は今回のためにリズムループを1から組みました。

思っていた以上に変拍子な曲だったので、組むのが結構大変だったなぁ。





「夢の箱の数え方」。こちらはライブ初お披露目!

いつかライブのステージで、典子ちゃんとこの曲、

ご一緒させていただけたらなぁ。と思いつつ。

昨日は寂しく二人でやりましたが、

でも、なかなかにチャレンジングでした!

緊張感はんぱない曲!!





「Ripple (mizu no wa)」は、

Duoなら必ず演奏するだろう!と予想された方も

いらっしゃったようですが、

我々の歴史の中でも、やはりDuoとなると外せない曲ですね。

ある意味、我々の原点の1つでもある曲です。

この辺りから日が暮れて急激に冷え込んできたので、

指がまわらなくなりつつあり、「うぉぉぉーーー」などと

思いながら弾いてました〜。





「Far Beyond the Andes」、

こちらはエレピ&アコギでどこかで演奏した記憶があるのですが…

��気のせい?だれか記憶の確かな方、教えてください)

ピアノ&アコギにしたのは今回、初なはず!

栗氏も今回のバージョンはかなりお気に入りだった模様。

私ががつがつピアノ叩くのがいいんだってよ(笑)





あとは、そうだ!

新譜「3395」先行発売!たくさんの方に演奏前、終演後に

並んでいただいていたようで、びっくり&嬉しかったです…。

��グッズもお買い上げいただいた方もありがとうございます〜)





「3395」、フラゲしていただいたみなさんに

気に入っていただける瞬間があれば、楽しんでいただけましたら

本当に嬉しく思います。

































ちなみにサンタコスは中にカイロを貼りまくれば、

なかなかの防寒着になりました。

問題は指先だけですよねー。演奏中は手袋するわけにもいかないですしね。





さて!この後の予定ですが、

年明け1/29にいよいよ「3395」リリース!

もちろんAmazonでも早速予約受付中となっております。





mac book airも一緒に写ってるのでちょっと嬉しい







そして、4/6、ちょいと先ですが、

「3395」リリース記念ライブを行います!

��詳細は1〜2日ほど前の記事を遡っていただけましたら)









今年ももう残すところわずかですが、

��年、各所でお会いできたみなさまに感謝の気持ちをこめて。

メリークリスマス!!Lu7でした