めろでおんと壁の薄い家(長文ぐだぐだ)





こんにちは。るなです。





リハの準備をしながら、そしてライブ当日の準備もしながら、

色々なことに追われてここまでやってきましたが、





とりあえず花粉症が辛い





しばらく無意味な我慢をし続けてきましたが、

もはや限界、という事で、今日は薬を仕入れてきました。





まだ1回飲んだだけですが、既に楽になってきてる!!

こんなんだったらもっと早く飲めばよかったー。





普段、花粉症とはほぼ無縁で過ごしてきたのですが、

今年は尋常じゃないな、14〜5年ぶりに

盛大なくしゃみ&鼻水祭りが繰り広げられています…。





さて。メロディオンが写真に写っておりますが、

こちらも3/31に登場します。

メロディオンが必要な「とある曲」に関して、

弾いていると思い出す事がたくさん。





ずいぶん前にメロディオンで自宅Recするのに、

その時期に住んでいた所は、

残念ながらあまり音を出すのに適した家ではなくて。

要するに音筒抜け系だったわけです





で、上階の住民のみなさんが家族揃って出かけたと思われる休日に、

「よし、今留守だな」と、ここぞとばかりに録音してました、

っていうせこい話なんですけど。





一応、その家に引っ越す時点で、音筒抜け系ハウスである事を想定して、

防音カーテンを大量に買い込んだり、他にも何かしたっけな、

色々と対策はしていたのですが、

それでもメロディオンはなかなかの音量が出るので、

普段、部屋で吹くには憚られる感じでした。





しかもその日は8月の一番暑い時期。

部屋を締め切って、マイクでノイズを拾わないように

冷房も切って、汗だくになりながら暗〜い部屋でこそこそ弾くっていう、

アングラ感満載な録音であった事を思い出します。





アルバムを聴いてくださった方にそこまで伝わる必要は無いのですが…

単なる思い出話でした。





��/31のライブ当日に「ああ、この曲ね(笑)」と思っていただけましたら





おかげさまで今はピックアップ付きモデルに買い替えたので、

とても楽ですし、便利になりました。一件落着ぅぅ。





��つ1つの曲に様々な思い出がありますね。

作り手としてだけでなく、聞き手として、

「あ、この曲聞くとこんな景色思い出すなぁ」とか

「この曲をよく聴いてた時期はこんな事があったなぁ」とか

割としばしば頭の中を思い出が、さーーーーっとよぎるタイプなんですけれど、

我々の楽曲にもみなさんが何かしら、そういった思い出や記憶が

セットになっていて、それがしあわせな何かであればいいな…と

常々そんな戯言を考えながら、曲を作っております





さて、そんなLu7ですが、

5thアルバム・スタジオRecのスケジューリングをしている今日この頃です。

また次のアルバムが、私たちにとっても、みなさんにとっても、

「トキヲ刻める曲たちの集合体」になるような作品に仕上がるように、

精一杯がんばりたいと思います!





次回の記事ではリハレポなどできればと思ってます。ちゃおー



Lu7 Live『年度末総決算DX』

2018年3月31日(土)at 高田馬場 音楽室DX



梅垣ルナ(key),栗原務(Gt),岡田治郎(Bs),嶋村一徳(Ds)



Open18:30/Start19:30

前売3,000円/当日3,500円(Drink,Food別)