春の旅路(超長文)

数日ぶりになりました。るなです。





実のところ、心身共に非常に不調な状態なのですが、

では、そういう時に如何様にして改善を図るかという事を考えると、

やはり私は文章を書く時が一番落ち着くようです。

この点に関しましては、また後述いたします。

今日は「おでかけ」カテゴリでのお話ですが、

少々とっちらかりそうです、ご容赦ください。





そのようなわけで、旅から帰還しました。レポします。

行ってきたのはお台場のレゴランドディスカバリーセンター東京。











お台場デックス、アイランドモールの中にあります







中に入ると東京をレゴで再現しているエリアがあり、

スカイツリーや







浅草エリアや







ファミリーマートまである!







こちらはお台場、フジテレビ周辺ですね







こちらは両国エリア







他にも「こんなのもあるんだ」という感じで、

見ているだけでも楽しめます。





エントランス付近にあったオブジェ。

中身が全部レゴだらけ







レゴでレーシングカーを組み立てて、

でかいスロープで走らせるエリアにて。

細かいパーツが分類されていました







看板もミニフィグさん達が大活躍







こちらはワークショップクラスでの事。

息子が参加してきました。

この日は海外からの観光客の皆さんが多く、

なんと日本人は我が子しかいなかった。

ワークショップで組み立てたものは持ち帰る事ができませんが、

同じパーツをランド内店頭で買う事ができます。

これがレアだし、買わざるを得ない







ミニフィグが、ミニじゃなくて、ものすごくでかいサイズで

あちこちにいるんです







どこを見ても看板がラブリー







息子はお小遣いをはたいてレゴを購入。

私は気分転換にキーホルダーが欲しくなったので、

チューバッカさんのを買いました。





この旅は、かなり前から息子と「春休みのお楽しみ」として

計画していたものでした。

ですから、心身共に不調でも何が何でも行かなくては、と

気合いと根性で、たまに意識朦朧としつつも、

なんとかお台場に辿り着くように、頑張って歩いた次第です。





��泊して次の日はお台場海浜公園にて遊ぶ、

いや、息子を遊ばせながら、

私は砂浜に座ってメディテーションタイム的な







ここから単に「母子の出来事」として捉えていただければ幸いなのですが…

私がぼんやりと砂山を作っていたところ息子から

「ママ、それなんの山?富士山?」と聞かれたので、

ついつい本音が出てしまい「悲しみの山だよ」と(笑)

だめな母親ですねー…。





ところが息子は

「じゃあオレ、喜びの山作る!完成したら一緒に2個の山、壊そうよ!

全部崩れたら毎日ハッピーだよ!」と…





どういう理論だかさっぱりわかりませんが、

とにかくあたたかい思いやりを感じて、もう、本気で泣きました。





そうだね、悲しい事はぜーんぶ海に捨てて帰ろう!!

二人で2つの山をぐしゃぐしゃに倒して踏んづけて。

「いやなことぜんぶ消えてなくなっちゃえー!あしたからハッピーだーーー!」などと

叫びながら、笑いながら、砂浜で発散してきました。





もちろん全てのネガティヴな要素が脳内から消えたわけではありませんが、

息子と音楽が一番の心の支え。生き甲斐。そう、はっきりと確信しています。

だからまだまだがんばらなきゃ、と思う事ができるのでしょう。









学校の休みの間に行く旅行、毎回恒例になってきておりますが、

逆にいつまで彼がつきあってくれるか(笑)

でも楽しい思い出はいつまでも残りますもんね。

人間って不思議だなぁ。悲しい事、悔しかった事、たくさんあっても、

楽しい思い出の割合が上回れば、それらはどんどん忘却の彼方へ去っていきますから。

そう思えば、人生って思っているよりきっともっと素敵なものかもしれない。





色々ありましたが、こうやって文章にしてみたら、良い旅だったように思えます。

息子の成長に負けないよう、私も成長していかねば。





次にお台場に行く時には、元気一杯、今回以上に満喫できますよう。

他、音楽的な内容は次回更新号にて。

身体的に不調なのは続いておりますので、

ちょっとゆっくり更新になるかな、と思いつつも、

書いている時がやっぱり一番心の浄化になるので、

またすぐにカムバーーーックになるかもです。





…今度は名古屋のレゴランドに行きたいな…ぼそり。

ではまたね。