るなっしー(ふなっしーじゃないぞ)

『春だニコタマLu7』

2015.4.18 Sat.

at 二子玉川KIWA


〒158-0094

東京都世田谷区玉川3-20-11-B1F

TEL: 03-6805-7948



栗原務(Gt),梅垣ルナ(Kb),岡田治郎(Bs),嶋村一徳(Ds)

Open/Start 18:30/19:00

予約2500円/当日3000円(1drink500円別途)



予約ページはこちらです。

http: //oasis-kiwa.com/schedule-detail/595/150418/








先日、ドビュッシーの件を書くつもりでいたのですが、

今日、なんとなく気分が良いので

つらつらと好き勝手に書こうかと思います。

ご興味ありましたら読んでいただけましたら嬉しいです。





一番始めの出会いは5歳の時。

音楽教室の先生が空き時間にいつも弾いていた曲が大好きでした。

でもなんとなく「いいなーこの曲弾きたいなー」ぐらいで。

流れるようなアルペジオが子供心に憧れだったんでしょうね。





それがなんの曲なのか正体が判明したのは時が流れて中学1年の時。

「アラベスク」でした。







多分テレビで偶然見たとか、そういう感じで

曲名がわかったんだと思う。





さて、なんの曲だかわかったところで、

やっぱり弾きたくなるではないですか。

早速楽譜を仕入れました。

記憶では全音の青いアレです、あの譜面。

��つのアラベスクと、ベルガマスク組曲、子供の領分、

メジャーどころを揃えましたよ!





月並みな流れかもしれませんが、

「月の光」「ゴリウォーグのケークウォーク」は

とっても好きで弾きまくりました。











さらにさらに年月を経て…。





ピアノのY先生に習っていた時期の事でした。

��名前バレバレか)

モーツァルト、ベートーベン、メンデルスゾーン…

題材として出されたどの曲もどうもしっくりいかないというか、

先生に笑われる程の解釈の仕方だったようで。





練習してきてもなかなかOKがもらえない状況が続いたところ、

Y先生が「あなたにぴったりなのはドビュッシーかも。

CD貸してあげる。好きな曲選んでもってきて」と言われ、

貸していただいたCDは「前奏曲集」と「版画」でした。





曲名を見た時点で「どんな曲なんだろう?」と

興味をひかれるものばかり。

聴いてみてまさに曲名と音符のマッチした世界に

ひきこまれまくり!





結局Y先生と相談しながら選んだ曲は

「雨の庭」でした。





この曲を弾く事ができて、自分とピアノという向き合い方が

��つわかったような気がして。私なりの、ですが。

どうしてもこの曲はもう一度形にしたかったので、

「Azurite Dance」でアコギduoアレンジにしてみたというわけです。









ちなみに卒業前の試験で弾いた曲は

「花火」でした。

この曲のアバンギャルドっぽさったらないよね、最高だよね。





恐らく自分が音楽をやっていくにあたって、

一番影響を受けたといっても過言ではないかもしれません。

ついでに学生時代の授業のウケウリですが、

ドビュさん、相当変わり者でハサミのコレクションしてたとか。

��真偽の程は定かでない(笑))