5th作業再開につき>長文ぐだぐだ







おはようございます。るなです。

みなさん、無事に目的地にたどり着けましたでしょうか…?

都内にこんな大雪は滅多にないので、びっくりしました。





写真は、15時過ぎに家のまわりで収集した雪です。





雪にまつわる「Lu7新ネタ」も実は深夜のうちに用意してありまして、

うまくいけば本日中にお披露目できるかもしれません。

��栗氏が色々な意味でがんばりました(笑))





-----------ここまでイントロ-----------



さて。ここしばらくPROG FLIGHT@HANEDA準備〜本番や、

おしごと関係だったりで、時間を圧迫されていて、

まとまった作業時間を取る事が難しく、

5thの制作がストップしていたのが気がかりでしたが、

恐らく今のタイミングを逃すと、また時間に余裕がなくなりそうなので、

今日からしばらくまた5thの曲作りを再開いたします。





現状、アルバムの半分くらいは曲ができているのですが、

スタジオRecに入るまでに全曲をまとめておかねばならないので、

時間のあるうちに、一気に進めたいと思っています。





日々、そういった事は栗氏とディスカッションしているのですが、

昨日、具体的な曲数や内容に関して決定して、

作る・アレンジする、の物量が見えたので気合い入れ直しです。





それにまつわる小話として思い出す事を幾つか書きます。



1)某曲。栗氏がベーシック部分を作っている歴史ある古い曲なのですが、

5th収録にあたり、私めがだいぶ大工事させていただく事になり、

本作では初の共作になります。

お互いに譜面が行方不明状態なので(それだけ古いという事が言いたかった)

譜面が見つかり次第、速やかに作業に入りたく。





2)1stアルバム「Flying Seed(Landscape37)」

2ndアルバム「Canary Creeper」

3rdアルバム「絡みゆく蔓」

4thアルバム…は、入れてなかったっけ?



これ、それぞれのアルバムに収録されている「植物シリーズ」曲なのです。

5thではまたも植物曲が入ります。

こちらは既にデモが仕上がっているのですが、

思いの外さみしげな曲になったので(そもそもその花自体、

あまり華やかでないのでイメージ通りかなと)大満足。





-------------ここからエンディング-------------



ここ近年、ライブ会場でお会いした方から

「曲の雰囲気が変わりましたよね。今、すごく心身共に元気なんだろうなと」

と、お声がけいただいた事を思い出すのですが、

生きている間の山あり谷ありの中で、

その時々にできる曲をそれぞれ大切にしていきたいですね。

音楽は人生そのものだ!





長くなりましたが、前作からだいぶお待たせしてしまっているので、

極力早くリリースできるよう、また再加速して参ります。

当ブログでは毎作恒例の「ちまちま進捗レポ」も書いていきますので、

チェックしていただけましたら幸いです。



それでは今日も黄金色の1日を





Lu7 Live『年度末総決算DX』

2018年3月31日(土)at 高田馬場 音楽室DX



梅垣ルナ(key),栗原務(Gt),岡田治郎(Bs),嶋村一徳(Ds)



Open18:30/Start19:30

前売3,000円/当日3,500円(Drink,Food別)