備忘録的に機材話まとまりなく長文







いかーん。息子に壊された!!





息子も年中になり、いよいよ鍵ハモを授業で使うように。

そうなると家でも弾きたくなるっていう気持ちはよくわかる。

我が園では、鍵ハモを購入する必要はなく、

唄口だけを用意して、本体は園にあるものを使うというスタイル。

そんなわけで、息子専用の鍵ハモというのはウチにはないんだ。





で、狙われていたのが私のメロディオン。

弾きたくなる気持ちはよくわかるし、

「ママのお仕事道具だからなー 壊さないでくれよー」と

しつこくしつこく言いながら貸していたのだが、

いよいよ危惧していた事が起きてしまった。





ドカッッッ!と床に落ちる音がしたので振り返ったら、

机の下に鍵ハモが落下。

どうやらどこか中の部品が壊れたようで、

吹いてみるとスカスカとエアの漏れる音がする…。





貸した私にも責任があるし、あまり強くも怒れず、

泣き寝入り。





とはいえ12月のUSTで使う予定もあるので、

急いで新品を買わねばいけない。

うーん。エアスカスカ鍵ハモは息子の練習用にするしかあるめえ。

わかっていただけます?このなんともいえない、

怒りのやり場のない気持ちを。





で、次の話題ね。





私の機材の話などそれこそ誰得な感じなので、

これまでも極力表で書く事を避けてきたのですが、

ふと備忘録的に振り返りつつ現状をまとめてみようと思いました。





まずこれ。







KORG TRITON PROX。

��8鍵です。自分的には2代目の88鍵。

先代はAlesis QS8.2を愛用しておりましたが、

以前も書きました通り、突然お亡くなりになったので、

という事と仕事先で使っていたTrinityの音色が好みであったので、

購入いたしました。

…といいつつ、現状ライブではPf,Ep,Org以外はほぼ使ってないです。

Alesis機に比較すると鍵盤はかなりヘヴィです。





はい、次。







Roland JV-1000でござる。

実は私のじゃないんだ。夫の私物だったりする。

結果的に私が横取りした形になってるんだけど。

それまでのライブセットでは上段はKORG Prophecyを

愛用していたのですが、やはり鍵盤数が少なかったので、

それをなんとかしたかった。

というわけで、こちらはマスターキーボードとして使用。





じゃあ音色はどこから出ているのかというと、こちら。







ラックの中身の一番上、YAMAHA MOTIF-RACK XS。

こいつをJV-1000にmidiケーブルで繋いでるというわけです。

ライブでは主にシンセリード系多用。





なんでこんなしちめんどくさい設定かというと、

まぁ職業柄でしょうな…

��基本、家にこもって曲作る仕事のヒトなので)

という説明でなんとなく「あー」とご理解いただけますでしょうか。





ここから先は多少蛇足ですが、

ラックの真ん中は単なるmidiインターフェースですよ。

��MOTU midi express128)

一番下は某鍵盤弾きさんからお譲りいただいた

KORG TR-Rackで、現在ライブセットではほぼ使っていないのですが、

自宅作業に於いては変わらず活躍中です。ありがとうございます。

Lu7的には"L'esprit de l'exil"でかなり出場頻度高めでした。





今のところこのセットで7〜8割満足いく音は作れているのですが、

音色の切り替えをもう少し細かく行いたいという希望もあり、

次なる目標はフットスイッチ(midiコントローラー)かなーと。





恐らく相当私のセットはプリミティブであろうという事は

重々承知しておりますが、

個人的には流行を追うよりは、手に馴染んだ環境で演奏したいと

思っているので、人は人、おれはおれ、って感じかしら。

DTM環境はそうもいってられないので、

極力、周囲の詳しい友人知人から情報を得て、

予算の範囲内で(笑)できるだけ時代の流れに取り残されないよう、

努力はしたいと思っているのですけれど。





…ってこんな長々と機材の話をするなんて、

どうかしちゃったんじゃないのか、私。

まぁ、滅多にない事なので、

「うめがきるなのご乱心(2014)」って感じで

さらっと受け止めてそして流してやってくだせえ。





今日もすてきな1日を。