ふるさと、封印を解いたら、意外に空っぽだった







こんばんは、るなです。





お暇をいただいて実家で静養しております。

数日経過して、ようやく普通にお腹が空いてごはんがおいしく食べられて、

安心して歩けるくらいまで復調してきました。

ありがたやありがたや。





実家近くの小さな丘のそばを歩きました。

草がぼうぼうに生い茂り、周囲は植栽で囲まれ、

「昔、よく遊んだ芝生の丘」ではなくなっていたけれど、

瞬時に様々な「自主的に封印」していた記憶が蘇ってきたなあ。





わたしのふるさと、だなんて思える場所じゃないし、

早くこの地域から出てやるんだ、とある種、

それを力に変えていたことも事実。





でも不思議なことに、許す、とか、許さない、じゃなくて、





いろいろもう、どーでもいいよ、いまのわたしに関係ないし





という気持ちが気付いたら頭に存在していて。





結論として、やっぱり自分の帰る場所はここにしか無かったんだな、と。





昔の同級生の子の家の変わらない表札を目にしたり、

よく通って、髪を妙ちくりんな色に染めまくってもらった、今はひと気の無い美容院の下りたシャッターを眺めたり、

変わったようで変わってはいないのかもしれない街の風景に、





帰ってきてもいいんだ、





とようやく思う事ができました。

何十年越しだろうな。





年の功と呼ぶにはまだまだ未熟者ではありますが自分比で、

むりくそに白黒付けなくなったり、

正解かどうかは置いておいても、

自分の心の在り方を、自分なりに良い方向に持って行くことができるようになってきた、と感じています。





苦しかったことも、悔しかったことも、

全部自分の音楽にすりゃいいんだ。

わたしには、カッコいい生き方もできないし、

取り繕うことも嫌いだ。

生きてることを全部音に変えてやる。





ま、結局「ふるさと」も「わたし」も何も変わってません。

それでいいのだよ、多分。





新曲。鍵盤弾き的には腕が微妙に熱を持つ、

ヤバいやつです(笑)

自分の中の何か発散しきれなかった想いを、

良い形でスパークさせられる、

私にとって「祈りの歌」でもあります。

それはそうと、きっとライブナンバーとして、

楽しく盛り上がれるのではないかな、と思っておりますので、

5/13の初お披露目!「新曲見守り隊」隊員を奮って募集しておりますよ





長くなりました。

連休中の方も、お仕事中の方も、

皆さんどうかお元気で。